普通養子縁組の場合の相続

相続の際には様々な血縁関係などが参照されることとなりますが、普通養子縁組の場合にはやや特殊な形で相続が行われることとなります。
この養子縁組の中でも「普通」と呼ばれる場合には実の親との関係を維持したまま、養父や養母との関係を構築するということになります。
ではこの場合の相続はどのようになるのかと言うと、簡単に説明すると「実の両親と養親の双方の法定相続人になる」ということになります。
養子縁組の手続きが受理された段階でその要氏は養親の嫡出子の身分を取得するため、これによって養親の法定相続人になると言うように解釈がされますし、また養子縁組がされたからと言っても実の両親との関係を断っていない以上、やはり実の両親の法定相続人になることもできます。
ただ「養親から相続する」というような場合にはいくつかの制限があり、まず被相続人となった養親に実子がいるという場合、法定相続人の数として認められる養子の数は1人まで、実子がいない場合でも2人までしか法定相続人には認められません。
これは「養子の数を増やすことによって法定相続人を増やし、基礎控除額を大きくすることによって相続税を安くする」という手法を予防するために組まれた制限です。
こうしたことに関して不明なことがある場合は、自身で判断するよりも弁護士などに相談をした方が確実となります。
そのため、もし養子縁組をしたというような場合には、相続の際に備えて弁護士と相談できる姿勢を作っておくと良いでしょう。

Filed under: 未分類 — そう 6:04 AM