血縁関係の有無は相続にどう関わってくるのか

血縁関係の有無は相続にとても関係がありますので、しっかりと知っておくことがとても大切です。よくあるケースが子です。子には色々とあり、実子、継子、養子などがあります。
まず、実子です。実子とは親と自然な血縁関係で結ばれた子を指します。故人と子の母親が婚姻関係にある場合は摘出子、婚姻関係がない内縁などの場合は非摘出子となります。実子は財産を受け継ぐ権利をもっていますが、非摘出子の場合は認知の有無によって異なります。認知されている場合は権利がありますが、認知されていない場合は権利はありません。
養子は2つに分けられます。養子が実の親との親子関係を存続したまま、養親との親子関係をつくる縁組である普通養子の場合は、最大2人まで財産を受け継ぐ権利が認められます。実親との親子関係を断って、養親が実子同様の扱いをする縁組である特別養子の場合は、実子同様の権利があります。普通養子のような人数の制限はありません。
継子は配偶者の連れ子などになるため、財産を受け継ぐ権利はありません。但し、養子縁組をしていれば、権利が発生することになります。
このように、血縁関係の有無は、財産を受け継ぐ権利に対して大きく関わってきます。

Filed under: 未分類 — そう 6:04 AM