認知された子供の場合

被相続人に生前認知された子供は、相続権のある非摘出子となります。非摘出子でも相続権を有しているのです。確かに子であるかの確認は行われます。相続が開始されたときの戸籍と、古い原戸籍または除籍も調べます。これは、親の戸籍には古い項目は記載されないためです。
相続の分割というのは、相続人が全員参加をしなければいけません。もし、相続後に相続権のある非摘出子の存在が発覚すれば、分割をやり直す必要があるのです。そのためにも、事前に非摘出子の存在を把握しておいた方がスムーズに相続の分割ができます。非摘出子の存在は、戸籍をよく調べることによってわかることです。なお、相続権のある非摘出子が、相続を知らなかった場合は、相続の回復請求が出来るのです。この相続回復請求権は、相続権の侵害の発覚から5年以内です。また、相続開始から20年以内のうちになります。ちなみに、子であると認められなかった非摘出子の場合は、相続権はありません。
相続権のある非摘出子の相続分は、摘出子の半分になります。摘出子とは、婚姻による子どものことです。この相続分の差において、不公平ではないかという不満の声はあります。しかし、最高裁ではこれを違反とは認めていません。

Filed under: 未分類 — そう 6:04 AM