特別養子縁組の場合の相続

普通の養子縁組の場合には、実の親との関係は完全に途切れることはありません。養親と養子、親権者との間の契約という形になるからです。戸籍上の記載も養子、養女とかかれまし、養親との養子縁組の解消もすることができます。
相続権に関しても実親と養親の両方共に認められています。
一方で特別養子縁組というのは完全に親子関係になります。つまり養子ではあるけれど実子として扱われるのです。
ですから普通の養子縁組と違い家庭裁判所に申し立てをして審判を受けなければなりませんし、養子となる子供は6歳未満、養親になる方も原則として25歳以上で配偶者がいて、夫婦ともに養子縁組をしなければならないなど条件が厳しくなっています。
家庭裁判所に認められると養子ですが完全に実子と変わらない扱いになるわけですが、それは実の親との関係が完全になくなるということです。
ですから戸籍にも長男や長女といったように「養」の字がつきません。
相続に関しても実の親子と同じ扱いになりますから、実の親からの相続権は消滅します。
つまり相続に関しては一般の家庭と同じように親から子に法律で決められているようにすることになります。
もしも実子がいたとしてもその割合は変わりません。

Filed under: 未分類 — そう 6:03 AM