連れ子の場合

被相続人が死亡したというような場合には相続人に対して相続権が発生することとなります。
この相続人としては配偶者や実子、父母や祖父母、兄弟姉妹やその子供といったような、所謂「血縁者」が該当するのが一般的です。
ではこの「血縁者」には該当しないものの家族として生活していた「連れ子」の場合はどうなのかと言うと、残念ながら現代の法律において、この立場にある人は相続権を持たないとされています。
これは「被相続人の子ではない」ということが根拠となっているため、例えば父とは血がつながっておらず、母とだけ血がつながっているというような場合、父が亡くなった際の相続の対象からは外されてしまいます。
しかしこの場合でも「養子縁組」がされている場合は例外となります。
養子縁組によって養子とされたのであれば、その養子は相続の対象として考えられるようになるのです。
ただしこれにはルールがあり、「被相続人に実子がいるのであれば、法定相続人として認められる養子は一人だけ」ということと「実子がいない場合であっても、法定相続人として認められる養子は二人が上限」ということがあります。
被相続人には実子がおらず、三人の養子がいるというような場合には例え家族として生活をしていても、法定相続人と慣れるのは三人のうち二人だけとなるのです。
こうした相続に関する法律は非常に複雑であるため、もしトラブルなどが発生しそうになった場合には弁護士などに相談することを検討しましょう。

Filed under: 未分類 — そう 6:05 AM